2018/10/07 07:21

辛子色の落ち葉を

一歩一歩 

踏みしめながら、、

大切な思い出を

ひとつひとつ

心にきざんでゆく


秋の落ち葉に
一年の 色々を ふりかえる
そんな気持ちを表しました。

クリーム色の内布に、辛子色(マスタード)とくすんだゴールド(いぶし銀?くすみベージュ?)の絹糸でかがり、黒で差し色を入れて、刺繍しています。

差し色の黒には、まもなく迎える冬の訪れ(新年)にむけ、一年の節目として、色々な思いを整理する意味合いを込めています。


金沢の伝統工芸、加賀ゆびぬき。

土台の内布に、一針一針、、、一針一針、、、ぐるっと一周すべてに糸を刺すと、、出来上がり。

土台づくりから糸をかがり終わるまでに、4、5時間かかります。

ゆっくり、一針一針、、

呼吸のごとく、、

色々な思いを込めています。


指輪としてスッキリするように。

幅は約9mmに。

およそ9号くらいのサイズになっています。



自分へのお守りとして、、大切な誰かへのプレゼントとして、いかがですか?